兵庫県釣連盟
サイトマップ 個人情報保護方針

お知らせ

日本釣連盟連絡協議会主催 第31回グレ釣りトーナメント大会報告

2019年6月8日9日に、日本釣連盟連絡協議会主催 第31回グレ釣りトーナメント大会が三重県尾鷲で開催されました。

我が兵庫県釣連盟からは、兵庫県予選を勝ち抜かれた、荒川選手、広田選手、丸井選手、古江選手、岩松選手、西岡選手の6名が参戦してまいりました。

【兵庫県釣連盟選手・役員】

 

悪天候の予報を払拭するような好天に恵まれ、初日のリーグ戦から白熱した戦いが繰り広げられました。

尾鷲特有のサバまみれの状況に苦戦される場所もあれば、10センチにも満たないグレをいかに釣っていくのか...など、色々なシチュエーションでも予選を勝ち抜かれた各府県の選手達が、試行錯誤し釣技を競い合い、初日のリーグ戦は無事に終了しました!

【参加選手たち】

 

【初日の結果】

 

【二日目 決勝リーグの組み合わせ】

 

【懇親会風景】

 

 

 

 

 

 

二日目の決勝リーグでは、激戦を勝ち抜かれた和歌山県代表の土谷賢太郎選手が見事31回日釣連グレ釣りトーナメント大会の覇者となりました! おめでとうございます。

【決勝リーグの結果】

 

【左から2位田揚選手 優勝の土谷選手 3位串選手西岡選手】

 

 

この度担当して頂いた三重県釣連盟の役員の皆様お世話になりありがとうございました。

また、各府県の役員の皆様もお疲れ様でした。 川端渡船様 大ちゃん渡船様ありがとうございました。

ご協賛頂きました各メーカー様ありがとうございました。

 

 

来年も優勝目指して兵庫県釣連盟は参戦します!

応援よろしくお願い申し上げます。